他社がNGでも借りられるキャッシングカードとは

キャッシングの賢い使い方!お得に借りるならこれだ!

上から下まで、すり鉢状に何層もある系列店

そもそもどうしてブラックになってしまったのか、という後悔はあるけれど、ブラックでも必要なお金は借りてでも用意しなければならない。

仮にデフォルト(債務不履行)や遅延がつづいてそうなった人が、次に貸してくれるキャッシングカード会社などあるのでしょうか。

キャッシング業界は、上から下に向かってすり鉢状の構成になっていて、語弊があるかもしれませんが、いちばん上が銀行系、次が信販系、その下が消費者金融、そして最下層にあるのがブラックOKのキャッシング会社となっています。

返済をきちんとしていれば、ほぼ安全といえる

システム金融などの地下系金融は別にして、ブラック系でも返済をきちんとしていれば、それほど危険な領域に足を滑らせてしまうことはありません。

審査の方法や融資の実行は他のキャッシングと変わらず、パソコンやスマホから申し込めば、そのまま審査の受け付けとなって、貸し出し条件がクリアできれば融資が実行されます。

ブラックOKのキャッシング受付概要

融資金額は最大300万円。年金受給者もOK

ブラック対応系の受付概要を調べてみると、貸付対象は20才以上で、融資金額は 10~300万円。最長返済回数は10年 120回払いとなっていますので、他の会社と違いはありません。

担保や保証人も不要で、店舗に出向いて手続きを行う必要もなし。ネットで完結できます。正社員はもちろん、派遣、パート・アルバイト、専業主婦、無職、年金受給者、生活保護受給者など、対象はかなり幅広いようです。

貸出金利は5.8~18.0%。業界でもっとも低利?

実質金利の例でみると、貸出金利は5.8~18.0%で、“業界でもっとも低利であること”をうたい文句にしているところもあります。しかしほとんどの場合は、幅のある金利設定の中の最高金利からのスタートになります。

最低利率での融資はあり得ないと考えるのが常識です。ネット上の返済シミュレーションを使って、借入金額と毎回の返済金額などを確認しておきましょう。