申し込んだその日にキャッシングできるカードとは?

キャッシングの賢い使い方!お得に借りるならこれだ!

銀行が本業化しつつある即日融資の貸し金業態

銀行系のキャッシングカードを考えている人にご紹介したいのは、最短でその日に利用可能なカードで最高融資額は500万円という大きな枠のついた商品があります。

いまでは大手の都市銀行も、かつての消費者金融が行っていた貸し金業務を凌ほどの好条件で顧客にこうした商品をアピールしています。

たとえばネットで申し込めば最短30分で審査が終了し、クリアの回答がくれば即日、指定講座に振り込んでくれます。

銀行に口座を開設していなくてもOK。しかも低金利!

しかもこうした大口の融資を受けるのに、その銀行の口座を開設していなくてもOKというから驚きです。

利用者にとってさらにいいことは、ゼロ金利政策の流れを受けて貸出金利が下がっていること。このタイプの商品には珍しい年1.8%~14.6%の金利設定になっています。

貸出金利が信販系や消費者金融系にくらべて格段に低く、そのうえ融資の上限額が、消費者金融などでは実現不可能な設定です。銀行系でも十分に受け付けてもらえると自信のある人にはおすすめです。

消費者金融系よりも好条件な銀行系

見た目は同じでも、銀行とその他の系統では段違い

ただし経験のある人も多いと思いますが、信販系や消費者金融系と違って、銀行のハードルはやはり高い。

スピード審査やネットでの契約・融資実行までの完結など、見た目は他の系統と変わりませんが、早い話が門前払いされている人のほうが圧倒的です。

銀行が相手にしている顧客は、ヴァージンと呼ばれる“過去に傷を負っていない新品の人たち”です。審査基準や合否の理由は一切知らされないので同じに見えますが、そこだけは他の系統とはまったく違うフィールドになっています。